飲みのお誘いの返し方は難しい

よく友達同士で「今度、飲みに行きましょう!」とか「お茶しよう」なんていう社交辞令なら慣れっこなんです。
実際に行ったことなんてないですし。

ただ、男性からのデートの誘いについては社交辞令ってないと思っていたんです。
今までの経験上からですが。

ある時、婚活パーティー終了後に連絡先を交換した男の人がいました。
時々、今日の出来事とかをメールでするような感じだったのですが私の住んでいる所と彼の住んでいる所は車で1時間弱かかるくらい離れていたんです。

暇な時にメールをしてくる彼でしたが、その日は珍しく電話で他愛のない会話をしていたんです。
最近、婚活してる?とか彼氏できた?とかそんな会話でした。
しばらく話をしていたら「遊びにおいでよ」と言ってきたのです。

夜の8時くらいだったかな、一応そんな時間だし遠いので何度か断りました。
でも、彼はしつこく「おいで、おいで」と言うので言ってみる事にしたんです。
まぁ、私も暇だったし次の日はお互いに休みだったのでお酒飲むくらいいいかな?という軽い気持ちでした。

詳しい自宅の場所がわからなかったので待ち合わせして到着してビックリ。
彼は実家暮らしだったんです。
帰ると言った私を引き留めながらも彼が言った言葉は「ホントに来るとは思ってなくて」と何だか分からない展開でした。

その事があってからは、性別なんて関係なく社交辞令ってあるんだなと実感しました。分かりにくい社交辞令は発見器でも発明してもらいたいくらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です